オタク趣味を生かしてお金を稼いでみよう

オタクの副業大全

インターネットビジネス

ブログ運営を副業にするとどれくらい稼げるのか?作業時間について

更新日:

ブログといったら情報発信をしているオタクの間では当たり前のツールですね。でも、実際にお小遣い稼ぎや副業という意識を持っている人はどれくらいいるのでしょうか?ブログ運営の現実について解説します。

ブログ運営で稼ぐ事はオタク趣味を持っている人にとって、もっとも始めやすく大きく稼ぐチャンスのある副業だと確信しています。

例えば私の趣味ブログ、徒然エンタメライフハックからは毎月2~3万円程度の広告収入があります。

1年間にすると30万円程度、ひと月分の月給です。

2014年に初めて作ったので、拙い部分が多く、今見ると構成やら文章・画像・リンク切れ等、直したいところだらけなのですが、今では記事数が増えすぎたので放置しています。

※ 追記:2018年時点で大分修正しました。

しかし、そんな穴だらけのブログでも収入が上がっています。

毎月3万円もあれば地方まで遠征してイベントを見に行ったり、新刊を買う位は余裕。その気になれば毎月PSvitaの本体とソフトが買えるくらいです。

最近の更新ペースから言うと一週間に1、2記事しか書いていませんから実質作業時間としては週に3時間以下ですね。

最大1月12時間での労働で3万円の利益があると考えると、時給換算2500円になります。

しかも、自分が読んだ本や見た映画をネタにした好きな事しか書いていませんし、上司もノルマもありません。

オタクは本質的に伝えたがりで饒舌です。好きなものに対してはいくらでもしゃべる事が出来ます。ブログ運営は自分の趣味について書いてお金がもらえるのですから、オタクの副業としては理想的です。

もちろん、お金になりやすい趣味とそうでないものがありますが、それでも収益化出来ないという事は考えられません。

ちなみに、徒然エンタメライフハック(当時のブログ名:モダンの最速エンタメ速報)の最盛期は月収20万円以上の広告収益がありました。

この時はアクセスが増えるのが楽しくて頻繁に投稿し、力を入れて運営していましたが、今はちょっとマンネリですね。

だから、この副業ブログを立ち上げたとも言えます。

ブログ運営の始め方

ブログ運営をする時に2つ方法があります。1つはFC2ブログやライブドア、はてなブログなどのブログサービスに登録する方法で、もう1つが、自分でドメインやサーバーをレンタルしてブログを作成する方法です。

それぞれに利点と欠点がありますから、始める時はよく検討して下さい。

ブログサービスを利用する場合

1つ目のブログサービスを使う場合は特に習得すべき知識や初期費用は不要です。無料で開設する事が出来ますし、使い方もブログサービス内で説明されています。

その代わりにサービス運営側の広告が自動的に差し込まれたり、アメーバブログのように商業利用自体が禁止されている事もあります。

これに関しては月額300円程度支払う事で、自分の設定した広告を配置出来るサービスもありますね。自分の使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

また、ブログサービスの中でもはてなブログに関してはちょっと別格で、はてなブックマークというシステムがあり、ブログサービス内でアクセスが循環する仕組みがあります。

これは検索エンジンに評価されなくても、バズりやすい(爆発的にアクセスが集中する)ので、おすすめです。

自分でドメインやサーバーを借りて立ち上げる方法

こちらは始めるまでにちょっと覚えるべき点が多いです。

レンタルサーバーを契約し、自分で作るブログのドメインを取得してブログを作成します。

細かい点は説明しませんが、ブログサービスを使うブログ運営が雑居ビルの一角を賃貸する事に例えれば、ドメインやサーバーを用意してブログを作る事は土地付き一軒家に相当します。

つまり、自由度が全く違うという事です。ブログサービスの規約を気にする必要も無いし、カスタマイズも自由自在です。

もっとも、使いこなすには多少のスキルが必要ですが、頑張って検索すればどうにかならない事もありません。

ちなみに徒然エンタメライフハックは後者の方法で作られているので、自分の自由にカスタマイズしたり広告を貼っています。

ブログ運営の基本方針

ブログの内容は自分次第ですが、身辺雑記を書くというより何かテーマがあった方が良いです。

私の場合は漫画やゲーム・映画の書評系に特化していますが、鉄道に特化しても良いですし、カードゲームに特化しても良いです。

この時、アメーバブログで有名人が書くような、今日はレストランでディナーです、と一文書いてご飯の写真が載せるような事を真似してはいけません。

日記ブログがどうして読まれるかというと、内容では無く、ブログ主のファンだから読まれるのです。無名の一般人が読んでもらえるブログを書くには自分を売るのではなく、内容を売る意識を持つ事が大事です。

ご飯ナウをするだけでアクセスが増えるのは芸能人だけ。

そして記事を更新していけばアクセスが増えてきて、広告を貼ればアクセスに応じて収益が発生するようになります。ある程度記事が溜まれば、今の私のブログのようにある程度の金額は自動的に稼いでくれるようになります。

具体的な稼ぎ方と必要な道具

ブログを運営する事でお金を稼いでいる人は沢山いますし、専業のアフィリエイターとなってブログからの収益だけで生活している人もいます。

月収で7桁を超える人が珍しくない世界です。

その為、ブログ運営の方法については検索すれば山ほど情報が出てきますし、書籍も沢山販売されています。

それにネット上には自分が成功した方法とか、具体例とか、稼ぎ方教えますといった記事は山ほどあります。

だから自分で溢れかえる情報の真偽を判断して取捨選択して習得して下さい・・・と、言いたいところですが、やはり何らかの判断基準や一貫性のある情報は必要です。

私もブログ運営したい!と思ってから情報収集を始めて、一体何を信じたらいいのか分からなくて混乱しました。

断片的な情報を組み合わせて全体像を把握できる人はかなり少数派です。

モダンが参考にしたテキスト

ここで私の使ったテキストを紹介します。

まず1つがプライドという教材。この教材の内容に従って徒然エンタメライフハックは作られています。

内容についてはリンク先を見てもらうとして、とにかく丁寧で全くインターネットの事を知らないような人が読んでも分かる位に作業分解されています。

自信をもってお勧めできるテキストです。

徒然エンタメライフハックのようなオタクブログを運営するのなら、上記のプライドを読めばほぼ真似出来ます。賢威テンプレートもあった方がいいですが、これは予算次第。

後から差し替える事も出来ますから急ぐ必要はありません。

副業やお小遣い稼ぎなのに何万も最初に投資するのでは話が違ってきてしまいますから、始め方は色々です。

私の通った道が最短ルートとは限りませんし、検索した情報だけで全てを把握して稼ぎだす鋭い人も稀にいます。

趣味兼お小遣い稼ぎとして、無料で気軽に始める事も出来ますし、最初から収益化を前提にして取り組む方法もアリです。

ウェブライターとの違い

最後にブログ運営がウェブライターと違うのは、書いた記事が即座に報酬に繋がらない点です。

ウェブライターなら1文字当たりの単価はともかく、仕事量に対して確実に報酬が発生しますが、ブログ運営の場合は作業量に応じてお金がもらえるわけではありません。

ブログ主にお金を払ってくれるのは広告主ですし、広告主がお金を払ってくれるのは自分のブログ訪問者が広告に興味持ってくれた場合に限ります。

インターネット上の文筆業においてウェブライターは月給制で、ブログ運営はフルコミッションだと言えます。初収入までのハードルはウェブライターよりも高いのです。

その代わり、軌道に乗ればまるで家賃収入のようにお金が入ってくるようになるのが良い点ですし、記事のジャンルが自由に選べます。納期もありませんから自分のペースで作業可能です。

余りにも自由すぎるから簡単に始める事が出来て簡単に止める事も可能なのです。

こういった特徴から、ブログやサイト運営はサイバー不動産だと言う人もいますね。

どちらにせよ、誰でも何処でも何についてでも、記事を書く事でお金を稼ぐ事は出来るのです。

是非挑戦して欲しいと思います。

 

直ぐにお金を稼ぎたい人はこちら。

クラウドアウトソーシングサービスまとめ

-インターネットビジネス
-,

Copyright© オタクの副業大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.