オタク趣味を生かしてお金を稼いでみよう

オタクの副業大全

クラウドアウトソーシングサービスまとめ

オススメのクラウドアウトソーシングサービスを順番に紹介します。

下記のクラウドアウトソーシングサービスは簡単に仕事を請け負ったり、依頼する事が可能です。

しかも決済を仲介してくれるので、本名を隠したハンドルネームを使いながらお小遣い稼ぎをする事が可能です。無料で使えるので利用開始のハードルがかなり低いですが、ここで請け負った仕事が本業になった人もいるので決して侮る事は出来ません。

ランサーズ

ランサーズ

クラウドワークス

クラウドワークス

この2つのサービスが日本のクラウドアウトソーシングサービスの大手だと言えます。

安心して利用する事が出来ますし、もちろん無料です。

もし仮に、パソコンで出来る在宅ワークを紹介するから登録料を払ってほしいといった内容のオファー(申し出、売り込み)があったら注意して下さい。

仕事を求めている側がお金を払う事はあり得ませんから、かなり高い確率で詐欺の可能性があると思われます。

また、変わり種ですが、ココナラというサービスもあります。

ココナラは500円というワンコインで仕事を依頼したり、受注したりすることが出来るサービスです。自分が仕事を受注するというより、出来る事をバザーに出して買ってもらうというイメージですね。

沢山仕事をこなせば最大で5000円まで出品できる金額の上限値が上がりますから、イラストを描くなどといった特技がある人はこちらがおすすめです。

ココナラ

どれくらい稼げるのか?

これは以前ネットニュースにも流れましたが、下記がクラウドワークス社の決算資料です。

クラウドワークス決算資料

 

月収30万円以上が111人「しか」いない、だからクラウドアウトソーシングなんて稼げないと、ネガティブな印象で報道されたのですが、私としてはそうは思えません。

まず、収入0円だった人が30万円までも行かなくてもいいではないか、という事。

本ブログはオタク向けの副業やお小遣い稼ぎがメインテーマですから、数万円レベルでも稼げる人が沢山いるというのは喜ばしい事ではないでしょうか?

それに資料が無いので断言できませんが、皮膚感覚だとランサーズの方が利用者が多い気がします。

また、あまり大きな声では言えませんが、「出来る人」は最初の内はランサーズやクラウドワークスを介して取引をしていますが、ある時から発注者と直接契約しているケースが多いです。

これはクラウドアウトソーシングサービスを利用する事で仲介手数料が発生するからです。

発注者としてはキチンと仕事をしてくれて、信頼がおける相手なら直取引した方が安くなりますし、受注者側としても手数料に回していた分を仕事の単価に上乗せしてくれた方がありがたいですよね。

これは私自身が受注者としても発注者としても経験があるから言える事ですし、業界的にも有名な話です。

また、「ランサーズ 稼ぎ方 コツ」等のキーワードで検索してみれば、個人の体験談が山ほど出てくるので参考にしたらよいと思います。

上記2社は自分が受注側にも発注側にも回る事が出来るシステムですし、仕事の内容もかなり幅広いです。ネットでお小遣い稼ぎをするのであれば是非登録しておいた方が良いサイトだと言えますね。

在宅ワーク系サービスまとめ

基本的にはランサーズやクラウドワークスと一緒ですが、これから紹介するサービスはある特定の仕事を請け負う事に特化したサービスです。

在宅ワークやSOHO(ソーホーSmall Office/Home Office)、PCを使った内職と言った方がイメージが付きやすいと思います。

サグーワークス

シノビライティング

上記の2社は記事を書くライターの仕事について特化しています。特定のタイトルやテーマに沿った記事が募集されているので、自分で書ける題材について選んで文章を納入していきます。

もちろん、どちらも登録無料でこちらがお金を支払う必要はありません。仕事をする為に必要な器具を変えとかシステム利用料的なものは一切ありません。

登録して仕事をして対価を受け取る、それだけです。

文章を書くのが得意だとか、得意ジャンルについては苦も無く1万文字以上を書く事が出来るオタクには非常に親和性が高いお小遣い稼ぎだと言えますね。

 

更新日:

Copyright© オタクの副業大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.