オタク趣味を生かしてお金を稼いでみよう

オタクの副業大全

インターネットビジネス

音楽作成でお小遣いを稼ぐ方法について【作曲】

更新日:

実は自分が作曲した曲が利用されるごとに報酬が入ってくる仕組みがあるのをご存じですか?オタクの中でもクリエイター系のスキルを持っている人はホントに凄いと思います。文章を書くよりも大分ハードルが高いですし、その中でも作曲、音楽作成はかなり希少なスキルです。

これまでイラストを描いたり、文章を書いたりすることでお小遣いを稼ぐ方法について説明してきましたが音楽系でも稼ぐ事は可能です。

まず一つ目の方法は自分で作成した曲を下記のサイトに登録する事です。

DOVAーSYNDROM

作曲・音楽作成

上記サイトに登録さえすれば、ダウンロードされる度にお金が入ってくるわけでは無い点を注意して下さい。

ダウンロードしてもらった曲がニコニコ動画などで使われた際に親作品登録をしてもらう事で初めて報酬が発生するのです。

また、作曲依頼もDOVAーSYNDROME経由で受ける事が可能ですが、クラウドワークスのようにサイトが仲介してくれるわけではありません。

全ては当事者同士の交渉によって利用条件を決める事になります。

ユーチューバーなどの動画作成者にしてみれば背景BGMやショック音などに便利なので使いやすいですが、肝心のクリエイターとしてはあまり旨みがあるサイトとは言えません。

ほとんど趣味の領域でしょう。

実際、DOVAーSYNDROMで稼いでいる、という話は寡聞にして聞きませんし、音楽系で景気が良い話は別のサイトを使ったケースばかりです。

作曲で大金を稼ぐ方法とは?

作曲でお小遣いや副業レベルを遙かに超えた大金を稼ぐ方法は存在します。

それには動画サイトにアップすることです。

ここでの動画サイトとはYOUTUBEとニコニコ動画です。

規模があまりにも違うので、YOUTUBEに関しては必ず使い、ニコニコ動画はサブ的に運用すると良いでしょう。

主にボーカロイドを使ったDTM、Desk Top Music(デスクトップミュージック)が最も低コストとなります。

ボーカロイドを知らない人は居ないと思いますが、ボーカロイドとはクリプトン社が開発した初音ミクを初めとするDTMのボーカル音源の事です。

ボーカロイドをつかった作曲する人は総称してボカロPと呼ばれます。

ちなみにPとはプロデューサーの意味です。

ボーカロイドには沢山の種類がありますが、声質や付随するキャラクターイメージから自分の曲にあった1体を選び作曲して投稿します。

すると、再生回数に応じて収益が発生するのです。

なお動画サイトの黎明期には作曲者が1人で動画を作っていたので、イラストもシンプルなものでしたが今では作曲担当、イラスト・動画担当など複数人の共同作業で動画を作るケースも珍しくありません。

自身のある曲が出来たのならPIXIVなどで絵師に連絡を取って共同作業をすると良いでしょう。

そして、動画サイト内で高い評価を受ければ音楽やアニメーションを付けてくれる人が現れたり、歌い手と呼ばれるアマチュアシンガーが現れて楽曲の利用を求めてきます。

彼らにしてみれば人気のあるコンテンツに便乗する事が自分の利益となるからです。

こうして人気爆発する事で一気にまとまったお金を稼ぐ事が可能となるのです。

また、更に人気が高まればジャスラックなどに登録し、CD化、アイチューン登録、DAMなどのカラオケサービスで再生されるたびに著作権料が入って来ますし、

ミュージカル化すれば利用料が入って来ます。

また、ゲームセンターの音ゲーやプレステなどの家庭用の音ゲーで使われればこれも契約料が発生。

こうしてみれば在野の作曲家が誰でもニコニコ動画という市場に作品を出品する事で評価されれば、プロの作曲家と同じ立場となる事がわかります。

音楽制作会社に勤務している訳では無いので給料のような安定収入はありませんから、フルコミッションの作曲家というわけです。

ちなみにニコニコ動画での活動からプロの作曲家やミュージシャンになった人達も存在するので、趣味レベルから大成功する事も十分にあり得ます。

また、大成功しなくともクリエイター奨励プログラムで再生回数に応じた報酬が入ってきますからお小遣い稼ぎレベルであれば比較的ハードルは低いでしょう。

作曲で稼いでみたいという人は是非試してみると良いでしょう。

また、通常はDTMが主体ですがごく稀に生音で作曲する人もいるようですね。

再生回数を伸ばす方法

ようするにヒットする音楽はどうすれば作れるか、という事ですがこればかりはやってみないと分かりません。

ニコニコ動画の全盛期にはニコ動発でボーカロイドのヒット音楽が次々と生まれました。

その後でプロが組織的に作品を作り、ニコニコ動画に投稿しまくっていた時期もありました。

しかしクオリティは高くとも評判は並といったところで、ヒットは狙って作れるものでは無いようです。

これもプロの音楽業界と同じ構造だと言えるでしょう。

ブログ作成による広告収入、小説執筆によるリアル出版、PIXIVでイラストの仕事を受注するのと一緒でネットビジネスは賃金制ではありません。

自身の腕や能力を売って正当な対価を貰うのです。

一見厳しいようですがこれこそクリエイト系オタクの副業として相応しいと思います。

-インターネットビジネス
-, ,

Copyright© オタクの副業大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.