オタク趣味を生かしてお金を稼いでみよう

オタクの副業大全

クラウドアウトソーシング

ウェブデザイナーの技術で副業をして稼ぐ方法について

更新日:

ウェブデザイナーというとサイトを作る専門職ですが、副業としてその技術を生かせば、お小遣いレベルを稼ぐ事は簡単です。

ウェブデザイナーの仕事を大まかに括るとサイトデザインやコーディングです。
サイトの構成自体を提案したり、こんな画像のボタンが欲しいとか、スマホで見た時のレイアウトを調整して欲しいといった依頼に応えて報酬をゲットします。

そういえば、ホリエモンの最初の会社はホームページの作成会社でしたから、ウェブデザイナーの仕事が主体だったといっても良いのではないでしょうか?

そんな職業ですが、実のところ現在は私のような個人でも簡単にサイトが作成できるサービスが増えてきて、ウェブデザイナーの仕事だけで食べていく事は厳しいそうです。

本業でウェブデザインをするのなら、集客のコンサルティングやマーケティング等の提案とセットにするのが当たり前となっているようです。

1サイト作成当たりの単価が下がっているそうですから、会社として請け負うのなら沢山の仕事を受注出来ないと厳しいでしょう。

しかし、そこがお小遣い稼ぎとしては最適の状況だと言えます。

会社に依頼するほど予算は無いから、誰か安くやってくれないかな、という需要はかなり大きいです。
実際、私もサイトの構成に関しては個人のウェブデザイナーさんに都度依頼をしていますし、単価も副業・お小遣いレベルとしては十分です。

副業ウェブデザイナーになる方法

基本的には個人での受注がメインになるので、どこかの会社と契約するという事は必要ありません。
ランサーズやクラウドワークスに登録をして仕事を受注しましょう。

依頼主がプロフィールを見て、メッセージで連絡を取ってくることもありますが、実績の少ない最初の内は自分から案件を探して募集に応じましょう。

自分の持っているスキルに応じて出来る仕事は異なりますが、単価としてはサイトのカスタマイズで5000円~1万円、サイトの移設で3万円程度が相場です。

これは私自身が何度も利用しているので、ほぼ間違いがない数字です。

サイト全体を丸ごとデザインして渡すとか、高度な設定の場合は相場以上の金額を請求しても受注できるでしょう。

なお、ライターやイラストレイターとは違って、ウェブデザイン関係の仕事をココナラで受注する事はおすすめしません。

ココナラはどんなスキルを持つ人でも仕事募集を500円からしか始められませんし、利用者の中にもよく分かっていない人もいますから、コミュニケーションコストや収益、作業量の面から圧倒的に不利です。

ココナラで出品すればかなり人気になると思いますが、報酬の相場的に見合わないのでおすすめしません。

ランサーズやクラウドワークスを使いましょう。

クラウドアウトソーシングサービスまとめ

-クラウドアウトソーシング
-

Copyright© オタクの副業大全 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.